紫外線に負けない、色白肌へ!「正しい日焼け止めの塗り方」編

夏はまだこれからなのに、
気づいたらシミができてしまっていた!えーん
なんてことはありませんか?

シミは予防に限りますが、対策をするなら早期が必須ビックリマーク
気付いたらすぐに対策を始めましょう。

 

先日、東京ミッドタウンで開催されていたWOMAN EXPO2017にて、
日本化粧品検定協会代表理事である小西さやかさんのご講演

「紫外線に負けない!シミを作らせない!最短最適美白」

を聴講して参りました。

その内容私の知見から、今から始めたいシミ対策について、お伝えします!

 

そもそもシミはなぜできるのかというと、お肌の最大の防御機能を果たそうとしているためです。

メラニンは茶色い色素で、半透明な肌細胞の中では光を吸収しやすくなります。

紫外線からのダメージだけでなく、摩擦打ち身炎症した傷など、
肌が「守らなきゃ!」という場面でメラニンを生成します。

 

メラニンがないと、私たちの肌はダメージを受け放題です(;;)
お年を召した時、白人はシワシワになりやすく、黒人はハリがあったりしませんか?

これは、メラニン色素が遺伝的に多い黒人の方が、紫外線ダメージを受けづらいからなのですねキラキラ

通常、新しくできたメラニンはお肌が生まれ変わると、
メラニンを含んだ細胞ごと角質となって剥がれ落ちます

ところが、何かの原因でメラニンの生成が異常に起こってしまったり、
お肌の生まれ変わる細胞よりも奥の真皮にメラニンが落ちてしまうと、
シミとなってお肌が一部黒っぽくなるわけです。

防御機能とはわかっても、見た目にどうしても美しく見えないシミさん…泣


対策のポイント
を、5つにまとめてみましたビックリマーク
1.日焼け止めを正しく使用する。
2.シミのタイプを見極める。
3.美白コスメで予防する。
4.美容液の付け方に一手間。
5.内服薬にも頼る。

 

<日焼け止めを正しく使用する。>

当ブログをご覧になっている方はご存知かと思いますが、
お肌の老化の原因は、加齢によるものが20%.
残りの80%が光老化に因るものと言われています。

特に、気をつけたいのがUV-A波
地上に届く紫外線(UV)には、波長が長くエネルギーが比較的小さいUV-A波と、
波長が短くエネルギーが比較的お大きいUV-B波があります。

私たちが「日焼けしちゃった!」と感じる赤いヒリヒリはサンバーンと呼ばれるもので、
UV-B波により、お肌の表面に近い表皮で炎症を起こしている状態です。

私たちは日焼けをしたことに気づくことができるのです。

 

一方、UV-A波は表皮よりも深い真皮まで到達し、
お肌のハリや弾力を保つコラーゲン繊維エラスチン繊維
それらを生成する線維芽細胞などが攻撃してしまいますあせる

ハリがなく、たるんだお肌は、UV-A波によるものなのですえーん

厄介なのが、UV-A波を浴びていることを私たちは肌実感しない上に、
ガラスまで通り抜ける性質があるので、
生活をしているうちに知らず知らずに紫外線を浴びていることがよくあります。

気付いたら肌のたるみが・・・ガーン

ということのないように、日中は日焼け止めを塗る癖をつけましょうウインク

 

ところで、みなさんは日焼け止めを正しく付けていますか?

日焼け止めは商品によってテクスチャー効果も異なります。

まず、日焼け止めの効果について見て聞きましょうキラキラ

日焼け止めを買うと、SPF値PA値が目に入ると思いますグラサン

{7AC9B3FD-5802-4DE1-B5E2-2071DCC654FF}

これはうちにあった日焼け止めですが、
SPF 50+
PA++++
とあります。

 

まずPAProtection Grade of UV-Aの略で、UV-Aの防止指数です。
+〜++++まであり、+が大きいほど効果が大きいですおねがい
UV-Aによる肌の即時黒化を指標にしています。

 

SPF値は、何も塗らずに太陽の下にいた時、
サンバーンを起こして赤くなるまでの時間を何倍にできるか?」
という指数です。

”サンバーン”はお肌がヒリヒリ赤く炎症する現象なので、UV-B波の防止指数になります。

数値はMAX50までで、50異常は50+という表記になります。

色白の方は20分普通肌の方は25分色黒の方は30分でサンバーンを起こすそうです。

なので、SPF24の日焼け止めを使用した場合、
色白:20分×SPF24=480分=8時間
普通:25分×SPF24=600分=10時間
色黒:30分×SPF24=720分=12時間
となります。

色白さんと色黒さんで、4時間も差があるんですねーびっくり
色白さんは人一倍、しっかり日焼け止めを塗らなくてはいけませんね!!プンプン

ところで、SPF50の日焼け止めについて、
普通肌の方について計算しますと、

25分 × 50 = 1250分 = 約21時間 

白夜以外でそんな太陽出てるんかな?笑

実は、この数値にはからくりがあります。

もちろん、化粧品メーカーが実験的に数値を決めている訳ですが、
日本化粧品工業連合会のSPF測定法基準では、塗布量の条件が2mg/c㎡
一般消費者は半分も塗っていないのだそうですガーン

加えて汗やこすれて落ちたり
クリーム、ジェル、エアゾールタイプなど、形状でもが異なってくるので、
一概に21時間守ってくれるとは言えなそうですニヤリ

 

数値はあくまでも目安で、こまめに塗り直すことが大事ですねウインクキラキラ

 

次に、正しい日焼け止めの塗り方ですニコニコ
先ほども言った通り、日焼け止めは多くの方が半分程度の量しか使えていません。

クリーム状
ではパールひとつ分
液状では1円玉効果ひとつ分をとり、
お顔全体にに馴染ませてから、もうひとつ分を重ねます。

スプレーのようなエアゾールタイプは薄くなりがちなので、
気持ち多めに振ってください。
また、アスファルトは紫外線を10%も反射するので、
顎の下や首筋なども抜かりなく塗ってくださいウインク

お身体に塗る時はボトルから直接出してください!!

手のひらばかり吸収して、ボディへあまりのらなくなってしまいます><!

 

今日は日焼け止め編でしたが、結構盛りだくさんでしたね!ウインク音譜


・2回重ねて塗ること
・首や顎周りなど、抜かりなくぬること
・こまめに塗り直すこと
・ボディへ直接出して塗布すること

実践できそうですか?ニコニコ

お化粧品の知識を深めながら、
最短最適美白ライフを楽しみましょう^0^

私の記事がご参考になれば、ぽちっと押してご投票をお願い致しますラブラブ
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

関連記事

  1. 敏感肌さんこそ気をつけたい「オーガニック化粧品」の使い方

  2. 治らないものは、治らない!

  3. 紫外線に負けない、色白肌へ!「内服薬にも頼る」編

  4. スキンケア持論

  5. 日本人が美白化?その真実とは!

  6. クレンジングいろいろ、何が違うの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

about me


理系美容家 かおり

5月31日生まれ
宮城県出身
某国立大学大学院卒

【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュインストラクター
日本化粧品検定一級
化粧品成分検定一級
ダイエット検定一級
カラーコーディネーター三級
入浴検定
デントフェイシャルケアセラピスト

【自己紹介】
化粧品研究員を目指していた背景から、
有機化学、無機化学、生化学等を学んできました。
加えて各種美容健康に関する資格を取得し、独学と合わせて
最短最適の美容法として「正しい美容知識の理解」を推奨しています。
又、化粧品では改善できないむくみ・血行促進・たるみ等へのアプローチ法として
筋肉・リンパをケアするフェイシャルトレージを考案しました。
趣味はダンスで、埼玉県北部のイベントや結婚式場でのflash mob, ショーケース等に出演しています。

【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
オンラインサロン +Room Kaori
モデル (オフィス・イヴ所属)
咀嚼筋唾液腺マッサージ施術
(詳細はMenuページをご覧ください。)

ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
オンラインサロン +Room Kaori

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

analyticstracking.php