「合成◯◯」の見方が変わる!かおり的持論。


【「食べたい!痩せたい!」を解決!満足ヘルシーランチ付き美ボディ講座】
☆7月28日(日) 10:30-13:00
【気になる”ニオイ”を撃退!デオドランド化粧品の科学に触る美容講座】
☆8月31日(日)14:00-16:00
【ヘアケア製品って何が違うの?ヘアケア化粧品をマスターする美容講座】
☆9月 日程未定

私が化粧品について、今ほど理解をしていない頃、
それでも化粧品広告等でよくあるワードに抵抗感を覚えていました。

それは、
「合成界面活性剤不使用」
「合成ポリマー不使用」
などといった、”合成◯◯”系のフレーズ。

「何が悪いの?」と思っていました。

私は有機合成の研究をしていたので、
化学合成された物質がいかにきれい(ピュア)にできるかを、知っていたからです。

 

今日は少し難しい話になりますが、
できるだけわかりやすく、「合成◯◯」の誤解を解いていきたいと思います。

 

化粧品成分の効果というのは、分子構造に由来します。

これは、私たちの身近なもの、全てそうです。
二酸化炭素は水に溶けにくいとか、水と油は混ざりにくいとか・・・
聞いたことありますよね^^

化粧品で言うと、お酒にも入っているエタノールは


こんな小さいので軽いですが、

セチルアルコールは

こんな構造なので、重いです。

エタノールみたいに勝手に揮発してなくなりません。

同様に、美白成分として有名なハイドロキノンは、
もう少し効果の穏やかな美白成分 アルブチンと似た構造をしています。

ちなみに、アルブチンコケモモエキスに含まれていて、
研究者はもちろん、
「アルブチンを塗ってみたら白くなった!」ではなく、
「アルブチンはハイドロキノン様の構造だから、美白効果が期待される」という考え方をします。

効果を発揮しそうな構造の分子を探す訳ですね^^

 

さて、超有用な美肌成分として、
こんな成分が欲しいとします(笑)。

絵心がなくってごめんなさい💦

合成の場合

↑いつかの研究室w

単純に、これと これを混ぜればできそうですね。

ところが、合成に副生成物はつきものです。
フラスコに入れて溶媒と共に混ぜた結果、

こんなのができたりします。

あれ、なんか↑が違うものがありますね💦間違い探しです(笑)

 

構造が似ているものは似た性質を示すので、

コレとコレは分けにくかったりします。

なので、合成をする時は、
材料を入れる順番、速度、濃度、時間、温度、試薬などなど・・・
たくさんのことを考えて反応を制御し、
分けにくい副生成物ができないような反応経路を確立します。

 

一方、天然由来から目的物であるを取り出そうとした場合

生物は生き残りのために長い年月をかけて進化してきた、
複雑な分子の塊です。(世の中の物質は全て分子or原子)

非常に様々な成分が入っていますし、
育った環境や収穫時期が違えば、同じ植物でも成分比率が変わってきたりします

 

全てを把握するのは、不可能です。

 

しかも、自然淘汰の末に生き残った生物が作り出した分子構造の中には、とっても複雑なものも珍しくありません。


パクリタキセル

 

ある植物からコレを取り出そうとするととき、

成分が溶けそうな溶媒に入れたり(主にはエタノール)、圧搾して取り出したりします。

このとき一緒に溶け出してしまった成分に毒性がなかったり、
低リスクである場合には、目的成分が単離できなくても使用されます

この場合、化学合成由来と植物由来、どちらがピュアだと思いますか?

 

加えて、

植物由来から目的物を単離できたとして、精製技術が難しければ高価となりますし、

合成物だろうと、植物由来だろうと、コレはコレ
効果効能は同じです。

 

実際、サメ由来のスクワランも、オリーブ由来のスクワランも、サトウキビ由来のスクワランも、全て


同じ性質を示します。

 

だから、私は「合成◯◯不使用」という言葉を好ましく思っていません

 

何しろ、日本人が大好きな『薬』は化学合成された有効成分が多用されていますが、
医師の処方の元、口に入れることさえしています。

UVケア化粧品において”ノンケミ”といってもてはやされる酸化チタン酸化亜鉛だって、
立派に化学的に合成された原料です。
山や谷から採れません。

 

一方で、合成よりも植物由来の方が量産が簡単な場合もあります

有機合成の研究室を題材としたラブコメ小説「ラブ・ケミストリー」にもある通り、
合成するには難しい物質がありますし、
成分によっては植物から十分な量を取り出せることもあります

 

肌へ影響するのは成分そのものであって、何由来かではありません
化粧品は何よりも安全性が重要視されることが基本ですから。

ところが、ストレス体調のせいで肌が敏感になっていたり、
アトピー体質でバリア機能が弱かったりすると、
刺激を感じる成分があることも事実です。

エタノール過敏症の方はとても多いと思いますし、
確かに継続使用をオススメしない成分だってあります。

 

大切なことは、材料の由来ではなく
「自分の肌に合うか」ということ。

 

”合成◯◯”を避けて使える化粧品を狭めずに、
お好みの使用感、使用方法、使用効果の化粧品を選んでみてくださいね🎵

私の記事がご参考になれば、ぽちっと押してご投票をお願い致しますラブラブ
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

美容カウンセリング, セミナー依頼はお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. ”水の科学”から視る!化粧品で保湿ができる訳とは?(後編)

  2. オストワルドライプニング3

    ”乳化=界面活性剤”の概念を捨てる!界面活性剤を使用しない乳化方法につ…

  3. 渋谷クロスFM そらるる 理系美容家かおり Mizuki みつくん みつくんの新鮮アーティスト!生絞り!

    渋谷クロスFM『みつくんの新鮮アーティスト!生絞り!』に出演しました♪…

  4. 角質肥厚したら、ピーリングをするべきか?

  5. 治らないものは、治らない!

  6. 美肌菌と悪玉菌とは?美容業界における皮膚常在菌の基礎知識まとめ

about me


理系美容家 かおり


【Profile】
平成元年5月31日生まれ。
東京都八王子市生まれ宮城県仙台市育ち。
名古屋工業大学大学院工学研究科物質工学専攻卒。
東京都在住。


中学生まで副生徒長を務める等の優等生キャラを卒業し、高校デビュー。
メイクアップによる外観変化と内面へ与える影響について感銘を受け、化粧品研究員を目指す。


学生時代は自分磨きで人見知りを克服。読者モデルとして名古屋で活動するも、膨大な時間とお金を使った同じ方法を勧められないことに気付く。


”美容の本質”を追及するため、学術的な美容情報を探すも「中立」で「科学的に正しい」情報が安易に手に入らず、情報発信者となることを決める。


2014年製造業へ就職し、ケミカルエンジニアとして従事し、ものづくりについて学ぶ。
医薬品、医薬部外品及び化粧品に関わる新規事業立上げを経験。


2016年『理系美容家』として活動開始。
研究会や学会などで取得した知見を美容業従事者や一般向けにわかりやすく情報公開し、美容の情報リテラシー向上に努める。


2019年30歳の誕生日に独立。


現在は美容セミナー講師や記事監修、化粧品開発サポート等を行う。


【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュインストラクター
化粧品成分検定上級スペシャリスト
ダイエットプロフェッショナルアドバイザー
入浴指導士
デントフェイシャルケアセラピスト


【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
@cosme Beauty Specialist
かおり
モデル (オフィス・イヴ所属)


ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
@cosme Beauty Specialist かおり

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村

analyticstracking.php