「朝食べていい」は間違いな訳

「ダイエット中でもお菓子は食べたいから、朝食べよう!」
「朝はどれだけ食べてもいいんだって!」

という会話がしばしば聞こえます・・・
でも、それは間違い

「朝に摂取したエネルギーは夜になるまでに使いきれるだろう」というのが考えの元にあるかと思います。

その考えは、半分正解

確かに、食後血中の糖を使いきってしまえば、脂肪として蓄積されることはありません。
ところが、朝というのは睡眠時による断食を終えたばかりの身体なので、いわゆる飢餓状態です。
そこに血糖値がばーん!と上がってしまうようなお菓子やお米でさえも、
一口目に食べてしまうと血中の糖が許容量を超え、
インスリンが分泌され貯蔵形態であるグリコーゲンに変換されていってしまう
のです。

もちろん、すぐに脂肪として蓄積される訳ではありませんが、
朝だからたくさん食べていい、ということではないのです。
むしろ、糖質は一口目では控えるべき

また急激に上昇した血糖値は急下降する傾向があるので、空腹感を誘発します
逆にゼロにしてしまうと、身体がエネルギー消費モードにスイッチしなくなってしまうで、オススメしません。

むしろ、思いっきり食べたいのであればお昼。
まだまだ活動量もある時間帯ですし、朝ほど飢餓モードではないので血糖値の上昇も緩やかです。

お菓子を食べたいのであれば、適量を3時のおやつにしてください。
確かに空風感を覚え血糖値は多少上がりやすいかもしれませんが、
昼食後のお菓子は明らかに余分なエネルギーです。
短時間に糖質を摂取しすぎてしまうといずれにせよインスリンが過剰分泌し、糖を脂肪細胞へ貯蔵してしまういます

という訳で、「朝はたくさん食べていい」は嘘
「昼はたくさん食べていいけど、おやつは3時ね♪」が正解です。

私の記事がご参考になれば、ぽちっと押してご投票をお願い致しますラブラブ
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

関連記事

  1. ダイエットで勘違いされがちなお肉について。

  2. 青山のお洒落カフェ AOYAMA PARIYA

  3. 目標体重の決め方、知っていますか?

  4. わかっていてもやってしまう「食事制限」をやってみた!

  5. 【美白セミナーレポート】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about me


理系美容家 かおり


5月31日生まれ
宮城県出身
名古屋工業大学大学院卒


【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュ
日本化粧品検定一級
化粧品成分検定一級
ダイエット検定一級
カラーコーディネーター三級
入浴検定
デントフェイシャルケアセラピスト


【自己紹介】
化粧品研究員を目指していた背景から、
有機化学、無機化学、生化学等を学んできました。
加えて各種美容健康に関する資格を取得し、独学と合わせて
最短最適の美容法として「正しい美容知識の理解」を推奨しています。
又、化粧品では改善できないむくみ・血行促進・たるみ等へのアプローチ法として
筋肉・リンパをケアするフェイシャルトレージを考案しました。
趣味はダンスで、埼玉県北部のイベントや結婚式場でのflash mob, ショーケース等に出演しています。


【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
オンラインサロン +Room Kaori
モデル (オフィス・イヴ所属)
咀嚼筋唾液腺マッサージ施術
(詳細はMenuページをご覧ください。)


ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
オンラインサロン +Room Kaori

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

analyticstracking.php