ジョンマス騒動を受けて

ー不適切な表現があったため、一部訂正致しましたー

大変話題を呼んでいるオーガニック化粧品ブランドとして代表的なジョンマスターオーガニック
全成分表示に全く異なる成分が記載されていた事件が発覚しました。

化粧品の全成分表示は法律により義務付けられているところですので、
配合成分と表示に差異があればリコールになるのは当然ですが、
今回の件の場合、「間違っちゃったてへ」レベルではなく、
消費者の期待を大いに裏切るような記載になっていたことが、大きく問題となっています。

ジョンマスターオーガニック製品を買いたい方って、
「オーガニックが好き」という理由や、
「100%植物由来」とか、
「ノンシリコン」とか、そういったところに価値を見出して
一般の製品と比較して高額なジョンマス製品を買っていた訳ですよね。

そのこだわりが本当に良いか悪いかは置いておいて、
石油由来の界面活性剤を使っていたり(←これが悪いという意味ではないですよ!)
シリコーン油をしっかり入れていたり…

現実を知りながら売っていた方は相当心が痛かったんじゃないかなと思います(^^;

ジョンマス騒動については多くの方が記事をまとめているし、
(私の尊敬するかずのすけさんの記事がわかりやすいです。)
私は「人の心は読めない」と思っているので、経営体制がどうとか、
悪意があるとないとか突っ込むつもりはありません。(信頼は完全に失っていますが)

本日は、こういった騒動を受けて、
消費者である私たちはどのように化粧品と付き合っていけば良いか?
ということについて意見を述べたいと思います。

私がこのようにブログをしたためている理由は、
美容の正しい知識をお伝えし、ご自身に本当に合った美容法を選択・判断して頂けるようになって頂きたいという想いからです。

そのためには、様々な美容法の理屈がわかっていなければいけません。

ですから、皮膚科学毛髪科学などの効果の対象と、
化粧品の成分等の効果を発揮するそのもの(成分
あるいはそれらを判断する評価方法についての理解が必要です。

私のセミナーでは特に、化粧品成分成分表の読み方については詳しくお伝えしています。
多くの化粧品の中から選び出すための大切な指標になるからです。

化粧品は、その殆どが水性成分・油性成分・界面活性剤の混合物です。
お肌にお水を与えるための水性成分、
お肌にお水をキープするの油性成分、
乳化をしたり、浸透を助けたり、洗浄するための界面活性剤。

深く考えずに、これらの主役が揃った化粧品を使用するだけで、スキンケアはできます。

ところが、化粧品はそれだけでは売れません。

使い心地・使いやすさ、香りや色味、ブランドストーリー、こだわりの成分、外観等等….

多くの化粧品たちが、自分の化粧品の魅力をアピールし、選ばれていくのです。

今回の騒動では、ブランドやこだわりに魅力を感じていた方々が、裏切られる結果となってしまいました。
きっと多かれ少なかれ、同様の不正をしているメーカーさんがいる可能性が示唆されたのだと思います。
(※記事公開時の記載について。文章末に訂正有)

もし、どこかで微量成分を誤魔化されたとしても、私たちは気づくことができないでしょう。
違和感を覚えたところで、材料の特定はできません。

そこで、大切なのは使用感です。

上記のように、化粧品が選ばれるファクターは効果以外にたくさんあります。
理由は、化粧品は極端な効果があってはいけない嗜好品だからです。

中には、使用感を演出する製品もあるかもしれません。
(ピーリングジェルが角質がごっそりとれたように見える製品など)

ただ、知識先行の化粧品選びでは、製品の本当の良さに気づくことができないのだと、考えさせられました。

化粧品の本当の効能を実感するには、
まず成分を見て、ある程度の効果や使用感を予測し、
試験的に1−2ヶ月間継続使用は必要です(その際、その他の化粧品はできるだけ変えない)。

とはいえ、成分を、時にはやブランドを、盲信して使い続けるのは
化粧品目利きの感覚を鈍らせてしまうかもしれません。

基本的に、全成分表示の内容は信じていいですし、そうあるべきです。

しかし、何より心を満たす嗜好品である化粧品
気持ち良く、穏やかな効果を楽しむ。いう基本を忘れてはいけないのだと、考えさせれました。

違和感を感じたら、
成分的には良好だったとしても、心地よさに欠けますから、
使用を中止することも必要なのかもしれません。

お肌や毛髪との会話を大切に。


私の記事がご参考になれば、ぽちっと押して1日1回のご投票をお願い致しますラブラブ

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

※内容の訂正について。
この度、「全成分表示をまず疑わなければならないのか」という残念な気持ちから本記事作成に至りましたが、
化粧品全成分表示の管理について、普通はかなり目を光らせている項目だという情報を頂戴致しました。
上記の通り全成分は法定表示のため、誤りがあれば可愛いミスであったとしてもNG
こういったミスによる製品の回収はメーカーにとって大変なリスクであることは想像できます。

闇雲に不安にならなくて大丈夫です。

化粧品は 「医薬品医療機器等法」で全成分表示を行うと定められており、『成分の名称は、日本化粧品工業連合会作成の「化粧品の成分表示名称リスト」等を使用することにより、消費者における混乱を防ぐよう留意すること』と、厚生労働省から通知が発出されています。(日本化粧品工業連合会HPより抜粋)

関連記事

  1. 化学屋さんのひとり言。新規成分への懸念。

  2. アンチエイジングは本当にできるのか?③

  3. 化粧品と珈琲の深〜い関係??

  4. 「忙しさ」をスパイスに!

  5. スキンケア持論

  6. 「合成◯◯」の見方が変わる!かおり的持論。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about me


理系美容家 かおり

5月31日生まれ
宮城県出身
某国立大学大学院卒

【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュインストラクター
日本化粧品検定一級
化粧品成分検定一級
ダイエット検定一級
カラーコーディネーター三級
入浴検定
デントフェイシャルケアセラピスト

【自己紹介】
化粧品研究員を目指していた背景から、
有機化学、無機化学、生化学等を学んできました。
加えて各種美容健康に関する資格を取得し、独学と合わせて
最短最適の美容法として「正しい美容知識の理解」を推奨しています。
又、化粧品では改善できないむくみ・血行促進・たるみ等へのアプローチ法として
筋肉・リンパをケアするフェイシャルトレージを考案しました。
趣味はダンスで、埼玉県北部のイベントや結婚式場でのflash mob, ショーケース等に出演しています。

【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
オンラインサロン +Room Kaori
モデル (オフィス・イヴ所属)
咀嚼筋唾液腺マッサージ施術
(詳細はMenuページをご覧ください。)

ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
オンラインサロン +Room Kaori

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

analyticstracking.php