紫外線に負けない、色白肌へ!「内服薬にも頼る」編

今日は雨模様で、長袖の方もちらほら。
【最短最適美白】シリーズ、夏前に間に合ったということでよろしいでしょうかキョロキョロ💦笑

早速いきましょう!

紫外線に負けない、最短最適美白のための

5つの対策のポイント
1.日焼け止めを正しく使用する。
2.シミのタイプを見極める。
3.美白コスメで予防する。
4.美容液の付け方に一手間。
5.内服薬にも頼る。

 

最後のテーマは

<内服薬にも頼る>

私は、究極紫外線を浴びてもUVケアがいらない肌が理想だと考えています。

そもそもメラニン生成ってお肌の防御機能です。
メラニンを多く持っている人種は、そうでない人種に比べて発がん性のリスクが少なく、
お肌の老化の程度を遅らせることだってできます。

私たち黄色人種はそこまでメラニン量が多い人種ではありませんが、
人間は紫外線を受けて発生した活性酸素を無害化するような抗酸化物質
予め備えており、酵素で対応しきれなかった分の活性酸素等がメラニン生成令に繋がります。

また、ターンオーバーが正常であれば、生成されたメラニンを含む細胞はやがて角質となって剥がれ落ち、色素沈着することはありません。

 

①ターンオーバーが正常になるよう、心身的にリラックスする時間を作り生活リズムを整えること。
②ビタミン・ミネラル類とタンパク質、脂質を適量摂取してお肌の新陳代謝を整えること。
③抗酸化作用のあるビタミンACEを適量摂取すること
④それらによってお必要な抗酸化物質である酵素などを身体が作り出せるようになること

 

まず、これらを意識してみてください。

内服薬に頼るよりも、確実に効果があり、色白肌以外にもいいことがたくさんですビックリマーク

とはいえ

現代の生活では全てをクリアするのは非現実的ですよね(^^;

 

そこで!!

 

サプリメントの登場です^0^

 

サプリを含む各栄養素は血中に取り込まれると体内を巡る訳ですが、
なんと血液は1分間で体内を一周してしまうほど、ものすごい勢いで巡っています。
だから、食事や内服による栄養素の摂取はとても有効なのですねウインク

 

超有名な美白サプリといえば、L-システインです♪

大きな役割としては3つ

L-システインは、メラニン生成命令を抑制し、
また酵素チロシナーゼの活性を抑える役割があります。

またターンオーバーを正常化してメラニン停滞による色素沈着を抑えてくれます。

黒色メラニンの生成を防ぎます。
実はメラニンって黒色メラニン(ユーメラニン)黄色メラニン(フェオメラニン)の二種類があります。

よくメラニンっていうのは前者の方ですね!

一方、欧州とかのブロンズヘアの黄色はフェオメラニンによる色が出ているため、金髪なのですニコニコ

ユーメラニンとフェオメラニンは何が違うかというと、
化学的構造が少し違いますニヤリ

ユーメラニン(黒色)は、アミン酸チロシンが酸化し、ドーパ、ドーパキノンへと代謝されたあと、自分自身同士で反応し、大きくなったものです。

フェオメラニンは、同じくチロシンが酸化し、ドーパ、ドーパキノンへと代謝されたあと、L-システインと反応した生成物です。

血中のL-システイン濃度を高くしておくことで、フェオメラニンの合成が優先されます。

化学反応の反応速度は、液中の物質濃度が高いと大きくなる傾向があるのですてへぺろ

 

黄色は肌色に強く影響しないので、シミにならないというわけウインク

 

 

また超有名な万能サプリのビタミンC

肌の弾力機能に深く関わるコラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞の働きを助け、
抗酸化作用により脂質の酸化を防いだり、、、、
少し長くなってしまうので別の章でまとめることとしますニコニコ

 

先日お伝えしたシミの種類編でも、
美白コスメが効くシミ・効かないシミ
内服が効くシミ・効かないシミがあることをお伝えしました♪
ぜひ復習してみたくださいね^^ビックリマーク

 

飲むタイミングとしては、L-システインもビタミンCも食後、3度の食後に分けてが鉄則です。

どちらも水溶性の栄養素ですので、その名の通り水に溶けます。
体内では、胆汁に溶けて小腸から吸収されるわけですが、
胆汁は固形物を食べないと分泌されないため、食後でないと吸収効率一気に下がるのですえーん

また、それぞれの栄養素には”吸収限界”があり、1回で吸収できる量が決まっています。
個人差がありますが、ビタミンCは300mgと言われています。

なので、1000mgとか入っているドリンク・サプリはいっぱいありますが、分けて服用してくださいニコニコ

 

特に水溶性の栄養素は固形物を消化しながら一緒に吸収することで、
一度に吸収する濃度が下がり、吸収限界を避けて効率的に栄養素を取り入れることができます。

 

ごちゃごちゃ言いましたが、まとめると

色白肌には、食後、ビタミンC、Lシステインのサプリを服用する

ということですニコニコ

 

あっさり・・・笑

これだけいうとどこの美容サイトにも載っているので、

 

なぜ、これが必要か?

自分の悩みにはあっているか?

 

きっと判断できるはずですニコニコ

こういった知識が重なると、どんどん応用が効いてきますので、楽しんで覚えていきましょうウインク

 

 

以上、美白シリーズはとりあえず一区切りです爆  笑

 

 

そもそも、なぜ私がこんな連載を書くことになったかというと、
姉に「シミができたんだけどどうしたらいい?」と聞かれたためです。

 

私のブログは身近な誰かに向けての発信が多いです。
何かお悩みがあれば、お声をかけていただければ、
お悩みの多いものから特集させていただきますねウインク

私の記事がご参考になれば、ぽちっと押してご投票をお願い致しますラブラブ
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
 

美容カウンセリング, セミナー依頼はお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. 経験則とメカニズムから視る、『綺麗になれる人と、なれない人の違いとは?…

  2. スキンケア持論

  3. 美肌菌と悪玉菌とは?美容業界における皮膚常在菌の基礎知識まとめ

  4. 【美白セミナーレポート】

  5. 紫外線に負けない、色白肌へ!「美容液の付け方に一手間」編

  6. SOFINA SOFINAiP 土台美容液 コスメコンシェルジュ

    【新製品レポ】ブロガーさんに読んで欲しい!忙しい女性にオススメ★花王 …

about me

理系美容家かおり
理系美容家 かおり

【Profile】
平成元年5月31日生まれ。
東京都八王子市生まれ宮城県仙台市育ち。
名古屋工業大学大学院工学研究科物質工学専攻卒。
東京都在住。

中学生まで副生徒長を務める等の優等生キャラを卒業し、高校デビュー。
メイクアップによる外観変化と内面へ与える影響について感銘を受け、化粧品研究員を目指す。

学生時代は自分磨きで人見知りを克服。読者モデルとして名古屋で活動するも、膨大な時間とお金を使った同じ方法を勧められないことに気付く。

”美容の本質”を追及するため、学術的な美容情報を探すも「中立」で「科学的に正しい」情報が安易に手に入らず、情報発信者となることを決める。

2014年製造業へ就職し、ケミカルエンジニアとして従事し、ものづくりについて学ぶ。
医薬品、医薬部外品及び化粧品に関わる新規事業立上げを経験。

2016年『理系美容家』として活動開始。
研究会や学会などで取得した知見を美容業従事者や一般向けにわかりやすく情報公開し、美容の情報リテラシー向上に努める。

2019年30歳の誕生日に独立。

現在は美容セミナー講師や記事監修、化粧品開発サポート等を行う。

【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュインストラクター
化粧品成分検定上級スペシャリスト
ダイエットプロフェッショナルアドバイザー
入浴指導士
デントフェイシャルケアセラピスト

【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
@cosme Beauty Specialist
かおり
モデル (オフィス・イヴ所属)

ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
@cosme Beauty Specialist かおり

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村