紫外線に負けない、色白肌へ!「美容液の付け方に一手間」編


【気になる”ニオイ”を撃退!デオドランド化粧品の科学に触る美容講座】

☆8月31日(日)14:00-16:00

【ヘアケア製品って何が違うの?ヘアケア化粧品をマスターする美容講座】

☆9月 21日程

【最短最適美白】シリーズもいよいよ終盤です。
ご理解を深めていただくことはできたでしょうか?

”美白”と一口に言ってもとっても広範囲ですよね!
難しかったと思います。

私のポリシーとして、
皆様にできるだけ論理的にご理解頂く → 応用が効いて商品選びに役立つ
ことを理想としておりますので、

『美白にいいのはコレ!私が証明ですウインク』みたいなことは言いたくないのですあせる

 

理想像も違えば、本人自体の生活環境も化粧品に感じる価値感も違いますから、
美容アプローチは本当に様々です。

ただ、効果が出る、出ないには必ず理由があるので、
お金や時間の掛け方が”敢えて”なのか、
それとも思いもよらぬもので無駄になってしまうのかは、
知っているか、知ってい無いかで大きく変わってきます

 

HAPPYに美しくなるためにも、是非お手伝いさせてくださいねウインク

 

さて、紫外線に負けない、最短最適美白のための

5つの対策のポイント
1.日焼け止めを正しく使用する。
2.シミのタイプを見極める。
3.美白コスメで予防する。
4.美容液の付け方に一手間。
5.内服薬にも頼る。
でした。

 

今日は3番目
<美容液の付け方に一手間>

今日はそんなに難しい話でないのですが笑、
昨日の記事でお伝えした通り、
スキンケア化粧品の主な効能は角質層に対するものなのに、
美白コスメは角質層のもっと奥、基底層に効かせる成分がほとんどです。

スキンケア大学HPより引用 http://www.skincare-univ.com/article/000005/

ですので、効果を出すためには
・継続使用する。
・肉厚に塗る。
・浸透率をできるだけ高める。
ことがとっても大切です.

継続使用はその名の通り。
基底層に関わる効果を実感するためには、ターンオーバーの平均日数である28日程度の継続は必要ですよウインク
また、化粧水は大部分が水ですし(悪口ではないですよ!必要なお水です)
一般的に同じラインであれば美容液が最も有効成分の濃度が高いはずなので、
美白美容液を使うのがいいと思います。

メーカーやシリーズが変われば、
「Aシリーズのクリームの方がBシリーズの美容液より有効成分の濃度が高いビックリマークびっくり]

なんてことも怒ってしまいますが(^^;
少なくとも化粧水よりも粘性の高いものをオススメしますてへぺろ


「肉厚に塗る」ことについては、そのままですが、
シミが気になる部分(初期のもの)や、光が当たりやすくシミになりやすい頬の高いところ
美白美容液を重ね塗りしてあげるといいですねニコニコ

 

「浸透率をできるだけ高める」には、2種類のアプローチが考えらえます。

1つは、余分な角質層を溜めないこと。
過度な角質ケアはお肌のバリア機能を壊してしまうので、毎日のケアは避けてください。
私は酵素入りの洗顔料を週に1回程度使用しています。
パパイン酵素などのタンパク質分解酵素グリコール酸、尿素、リパーゼなどなどがピーリング成分として使用されます。

反面”洗いすぎ”に繋がる可能性が高く、乾燥をはじめとした様々な肌トラブルに繋がりかねません。
使用頻度を減らし、こすらず、すぐに落とすような使用方法にしましょうウインク

もう1つは手の力を使うこと。
一度さっと塗ったら、手を10回ほどこすり合わせて温め、そっと5秒ほどハンドプレスします。
手浸透させてあげましょう。

叩いたりこすったりは刺激になるので、NGですからねえーん

 

また、シートマスクなどで、有効成分を長時間肌の上に置いておくことも手ですウインク

 

ただつけるだけではなく、一手間労ってあげると効果もUP します照れ

美容液成分の選び方に加えて、つけ方もマスターしたあなたは
もう美白ケアマスターですキラキラグラサン

次回は、最後の奥の手、『サプリメント』についてです爆  笑
一緒に夏は色白肌で乗り越えましょうね♪

私の記事がご参考になれば、ぽちっと押してご投票をお願い致しますラブラブ
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
 

美容カウンセリング, セミナー依頼はお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. 化粧品における植物エキスの役割とは?新発想の美容成分も詳細に紹介!丸善…

  2. 美肌菌と悪玉菌とは?美容業界における皮膚常在菌の基礎知識まとめ

  3. 日本人が美白化?その真実とは!

  4. オールインワンラピスラズリ LLオールインワンセラム&LLリップケアク…

  5. 泡の正体とは?? ”泡”を知って、洗顔をマスターしよう!

  6. ピテラと納豆の違いって?知っているようで知らない【発酵】について学ぶ!…

about me

理系美容家かおり
理系美容家 かおり

【Profile】
平成元年5月31日生まれ。
東京都八王子市生まれ宮城県仙台市育ち。
名古屋工業大学大学院工学研究科物質工学専攻卒。
東京都在住。

中学生まで副生徒長を務める等の優等生キャラを卒業し、高校デビュー。
メイクアップによる外観変化と内面へ与える影響について感銘を受け、化粧品研究員を目指す。

学生時代は自分磨きで人見知りを克服。読者モデルとして名古屋で活動するも、膨大な時間とお金を使った同じ方法を勧められないことに気付く。

”美容の本質”を追及するため、学術的な美容情報を探すも「中立」で「科学的に正しい」情報が安易に手に入らず、情報発信者となることを決める。

2014年製造業へ就職し、ケミカルエンジニアとして従事し、ものづくりについて学ぶ。
医薬品、医薬部外品及び化粧品に関わる新規事業立上げを経験。

2016年『理系美容家』として活動開始。
研究会や学会などで取得した知見を美容業従事者や一般向けにわかりやすく情報公開し、美容の情報リテラシー向上に努める。

2019年30歳の誕生日に独立。

現在は美容セミナー講師や記事監修、化粧品開発サポート等を行う。

【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュインストラクター
化粧品成分検定上級スペシャリスト
ダイエットプロフェッショナルアドバイザー
入浴指導士
デントフェイシャルケアセラピスト

【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
@cosme Beauty Specialist
かおり
モデル (オフィス・イヴ所属)

ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
@cosme Beauty Specialist かおり

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村