くせ毛の原因はオルトコルテックス&パラコルテックスの分布の差だった!(リライト中)

梅雨時期になると気になるくせ毛。一体、ストレート毛と何が違うのでしょうか?

湿気で毛髪がうねる原因は、オルトコルテックス・パラコルテックスというケラチンタンパクの分布にあります。
その引き金となるのは遺伝ダメージエイジングなど様々。

毛髪の構造を知って、科学的アプローチからくせ毛対策をしていきましょう!

1.くせ毛の原因は毛髪構造に有り!

毛髪にはくせだけでなく、色や太さなど様々な個性があります。
その個性を決める大きな要因は毛髪中の”コルテックス”という部分にあります。

髪色の由来となるメラニンや、毛髪の水分・油分の大半がコルテックスに存在しています。

毛髪構造の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

髪の基礎知識 |毛髪構造から視るヘアダメージの原因とは?

 

2.くせ毛の原因と対策

2-1.オルトコルテックス・パラコルテックス分布の差

タイトルの通り、くせ毛の要因の大部分はここにあります!

コルテックス細胞には、オルトコルテックス, パラコルテックス2種類あります。
違いは、アミノ酸組成

タンパク質とはアミノ酸が長く繋がったものですが、
何のアミノ酸から成るかによって性質が変化するのです。

特に、シスチンという毛髪において重要なアミノ酸の含有率は、

  • オルトコルテックス:5%
  • パラコルテックス:15%

シスチンは疎水性という水を含みにくい性質をしているため、
シスチン含有量の多いパラコルテックスが多い毛髪膨潤しにくいと推察できます。

この2種のコルテックスが毛髪内でバランスよく配置されていると直毛となります。
逆に、図のようにコルテックスの分布が偏っていると一方は水を含んで膨潤し、一方は膨潤しにくいために、ねじれが出てしまいます。

https://ryo-taro-shampoo.com/wp-content/uploads/2018/06/ortho_para_cortex.pngより引用


うねり毛

これがくせ毛です!

くせ毛の毛髪断面は、2種のコルテックスの吸湿率の差故に楕円形をしているのだとか。

くせ毛

http://www.aujua.com/media/archives/1083より引用

ここからわかることは、アイロンなどの熱で直毛にしたように見えても、水を含むとうねりが復活してしまうということです。

梅雨時はどうしてもうねってしまうわけですね(><)

オルトクルテックス・パラコルテックスの違いはもう一つ、構造の違いが挙げられます。

https://ameblo.jp/iz2012/entry-11463989666.htmlより引用

オルトコルテックス扇状疎な構造
パラコルテックスストレート密な構造です。

理美容的には、疎なオルトコルテックスが多い髪質の方が薬剤が浸透しやすいのだそうです。

 

このような分布差は遺伝と考えられていますが、正確に遺伝を証明した研究はないのだとか。

 

 

今回は毛髪の構造を中心に、髪についてお勉強してみました。

毛髪は、調べてみると詳細についてまとめているサイトがかなり多く、お肌よりも信憑性のあるものが多いです^0^
生きた細胞の上に乗っかっている肌よりも、死んだ細胞の集合体である髪の方が、研究がしやすいのでしょうね(^^)

カタカナ語が多くて難しかったかもしれませんが、気になるワードを見つけて調べてみると、理解がとっても深まりますよ★

ビューティサイエンスセミナーでは、新製品発表会へ引っ張りだこの岡部さんならではのヘアケア新技術の動向も聞けます!

ビューティサイエンスセミナーはテーマを変えて開催されているので、興味のある方はお申込みしてみてくださいね♪

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

この記事が参考になれば、下のボタンをぽちっと押して応援の程よろしくお願い致します!