高級トリートメントをする前に


【「食べたい!痩せたい!」を解決!満足ヘルシーランチ付き美ボディ講座】
☆7月28日(日) 10:30-13:00
【気になる”ニオイ”を撃退!デオドランド化粧品の科学に触る美容講座】
☆8月31日(日)14:00-16:00
【ヘアケア製品って何が違うの?ヘアケア化粧品をマスターする美容講座】
☆9月 日程未定

「髪は女の命です。」

そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ところで、大多数の方は美容師さんとは、”髪を美しく整える職業”というイメージがあるのではないでしょうか。

実は、”美容師”とは、”美容を業とする者”という定義があり、
これは厚生労働省による美容師法により定められているものです。

美容=ヘアスタイル
がさりげなく定着している例です。
ヘアスタイルがいかに印象へ影響を与えるかが伺えます。

そんな毛髪を美しく保つためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

結論から言うと、どれだけ毛髪をダメージから守ってあげられるか?がポイントになります。

私は以前、肌のダメージにしても毛髪のダメージにしても、
「化粧品で補修してあげれば問題ない」と考えていたのですが・・・

毛髪も肌も基本的に”代謝物”であって、悪い言い方をすると使い捨て
身体機能的には「ダメージを受けたら新しいものを」という前提で作られているため、
肌がダメージを受ければターンオーバーを促進して新しい細胞を作り出そうとするし、
毛根にダメージを受ければ、髪の成長をストップして次の健康な髪を作り出す準備をします。
(毛髪自体には神経がないので、ダメージ毛は残る)

つまり、簡単に補修できるようにはできていないということ。
肌表層の角質層も毛髪も、核を持たない細胞群であるため自己修復能が備わっていません
どんな高級トリートメントでなんとなく修復したっぽく見せることはできても、
「ダメージから守る」に勝るケア方法はないのです。

そこで、普段のお手入れをの中で、毛髪のダメージ要因をピックアップしてみました!

①シャンプーによる摩擦、脱脂、pH
②ブラッシングによる摩擦

③ドライヤーやコテによる熱(タンパク質変性)
④水濡れによるケラチン間水素結合切断
⑤紫外線
⑥パーマ・カラーなどの化学的処理(主にアルカリ剤)

毛髪って、様々なところでダメージを受けているんですね(; ;)

特にシャンプーやトリートメントはCM等々の印象からヘアケアをしているかのように感じますが、
実は毛髪の損傷要因の一つです。

…ダメージを受けないことが大切とはいえ、
頭皮は人間の中でも最も皮脂分泌量が多い部位なので、洗浄が必要ですから
シャンプーは毎日しましょうね(^^;)

同様に、
・熱風で髪を乾かさない
・紫外線防御のために帽子
・パーマ・カラーは絶対しない!
・水に濡らさない(?!)
・ブラッシングしない
などと言っても、なんだか現実味がないですよね^^;

なぜか、昔も現代も、オシャレは毛髪のダメージ方向に向かうものが多いので、
毛髪のケアとヘアダメージのバランスを考えながら、上手に付き合っていくことが大切です。

パーマ・カラーをしていても大丈夫!
もちろん、”やりすぎ”はよくないですけど、
上のダメージ要因に基づいた以下の日常のヘアケア6か条を、取り入れられる範囲で取り入れてみてください^^

1. 毛髪が濡れた状態で擦ったり引っ張ったりしない。
毛髪はケラチンという硬いタンパク質が主成分ですが、
 髪の毛を形作るためのいくつかの結合の中で、水素結合というものがあります。
水素結合はとても弱い相互作用で、水に濡れるだけで切れてしまうという特性があります。
この状態で擦ったり引っ張ったりなどの物理的な刺激を与えると、簡単にダメージを受けてしまうのです。
 ブラッシングはもちろん厳禁ですし、シャンプー時も毛髪を擦らないよう、泡で撫でる程度にしておきましょう。
シャンプーの主目的は頭皮を洗浄することです。

2.毛髪を濡れっぱなしにしない
 上記の理由から、毛髪は濡れた状態でいるとダメージを受けやすくなっています。
 お風呂上がりは出来るだけ速やかに髪を乾かしてしまいましょう
乾燥すれば、また水素結合は復活します^^

3.ドライヤーはできれば60℃以下で
 髪の長い方が多い女性にとっては特に、なかなか難しいと思います^^;
 タンパク質は”熱に弱い”という特徴があるため、ケラチンも例外なく熱ダメージを受けやすいです。
濡れた状態と乾いた状態で異なりますが、
濡れた状態(湿度100%)の毛髪は60℃程度から熱変性してしまうため、
ドライヤーで髪を乾かす際は少し離して使ってあげるのがオススメです。

4.コテの使用は180℃以下でかつ素早く
ケラチンは180℃αーケラチン → βーケラチンへと熱変性します。
それ以下であっても、150℃前後からシスチンが減少します。
タンパク質を熱で軟化させて形状を変えるためにはある程度温度が必要ですが、
熱変性しない温度で、素早くスタイリングしましょう!

5.UVカット剤を使用する
お肌のUVケアは割と気にする方が多いですが、
ヘアケアまで気を遣っている方はそう多くはありません。
UVを照射した毛髪は結合形態の一つであるS−S結合の減少が認められており、
これはUVによる毛髪の光変性を示しています。
お肌へに塗る日焼け止めを髪につけるのも抵抗感があると思うので(^^;
スプレータイプのものなどでサンカットしてあげましょう!

6.パーマ・カラー後は酸性シャンプーでアルカリ剤を除去
パーマ・カラーをした後に最も最優先にすべきはトリートメントではなく、
アルカリ剤の除去です。
パーマ・カラーのメカニズムはここでは省略しますが、
パーマやカラーをした後、「美容院の匂い」を感じたことはありませんか?
最近は薬剤がとても優秀になってきて匂いも抑えているものが多いですが、
あの匂いというのは髪に残留したアルカリ性薬剤が髪の外へ出てきたために発生している、
いわば「必要悪」の匂いです。
アルカリ性薬剤が髪に残留しているとダメージが進行してしまいます!
パーマ・カラーの後のスペシャルケアは高級トリートメントよりも、
少し値ははりますが洗浄力の穏やかな酸性シャンプーで贅沢をしてあげましょう^^
全成分は基本的には配合量順に表示してあるため、
水の次に記載されている界面活性剤がアミノ酸系であったり、カルボン酸系、タウリン系であるものがオススメです。
「高いシャンプーは経済的に続かない💦」という方は、
パーマ・カラーの後用に一本ご用意頂けると髪を美しく保つことができます^^

またサロンさんによってはヘマチンスプレーなどでアルカリ剤を失活してくれるお店もあります✨
自宅用にもヘマチンシャンプー等を一本置いておいていいかもしれませんね^^

 

以上、長くなってしまいましたが、
上記のアプローチを、メカニズムからしっかり理解すると
少し状況が変わったとしてもご自身で判断して対応することができます!^^

直接お話を聞きたい!
もっと詳しく知りたい!という方は
《髪美人になる!美活会》へお越しください^^!

日時 10月9日(月)13:00-15:00
場所 外苑前(詳細は参加者にのみお知らせします)
参加費  3,500円
内容 「髪美人になるための正しい知識」

   毎日行うシャンプー・トリートメント。
   選び方の基準て何だろう?

   オーガニックって?
   無添加って?
   肌質別にどうやって選べばいいの?
   ヘッドマッサージの正しいやり方って?

   ヘアケア製品に関するさまざまな疑問を解決します☆

   ヘッドセラピストMAIさんとのコラボ企画が実現^^!

   正しい知識を学びながら、
   マッサージ技術も習得して、
   美容友達も出来ちゃう楽しい企画です(^○^)

   男性の参加ももちろんOK☆
   今よりもっと美しい男女を目指す方なら、どなたでも参加可能です!

   * … * … * … * …* … * … *
   ◉こんな方におすすめ
   ◾正しいヘアケア知識を知りたい
   ◾もっとキレイになりたい
   ◾美容が大好き
   ◾美容の仕事をしているor興味がある
   ◾セルフケアを学びたい
   ◾友達をつくりたい!
   * … * … * … * …* … * … *

ご参加希望の方はコメントでもお問い合わせフォームからでもご連絡くださいませ❤️
残り席あと4席ほどです!


私の記事がご参考になれば、ぽちっと押して1日1回のご投票をお願い致しますラブラブ
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

美容カウンセリング, セミナー依頼はお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. 「読んで役に立つ×面白い」コンテンツを発信するblog 「LIFE_S…

  2. blue collection 写真展 個展 髙橋こうた

    写真家髙橋こうた氏 個展【Blue Collection】モデル作品の…

  3. 私は、正しい知識で美容の世界を変えることができると、信じています。

  4. 中島幸代 入浴検定 入浴指導士 ラジオ収録 たちかわFM Greencafe

    たちかわFM『Green cafe』に入浴指導士として出演します♪

  5. 『髪美人になる!美活会』

  6. 『Frais』に掲載頂きました☆

about me


理系美容家 かおり


【Profile】
平成元年5月31日生まれ。
東京都八王子市生まれ宮城県仙台市育ち。
名古屋工業大学大学院工学研究科物質工学専攻卒。
東京都在住。


中学生まで副生徒長を務める等の優等生キャラを卒業し、高校デビュー。
メイクアップによる外観変化と内面へ与える影響について感銘を受け、化粧品研究員を目指す。


学生時代は自分磨きで人見知りを克服。読者モデルとして名古屋で活動するも、膨大な時間とお金を使った同じ方法を勧められないことに気付く。


”美容の本質”を追及するため、学術的な美容情報を探すも「中立」で「科学的に正しい」情報が安易に手に入らず、情報発信者となることを決める。


2014年製造業へ就職し、ケミカルエンジニアとして従事し、ものづくりについて学ぶ。
医薬品、医薬部外品及び化粧品に関わる新規事業立上げを経験。


2016年『理系美容家』として活動開始。
研究会や学会などで取得した知見を美容業従事者や一般向けにわかりやすく情報公開し、美容の情報リテラシー向上に努める。


2019年30歳の誕生日に独立。


現在は美容セミナー講師や記事監修、化粧品開発サポート等を行う。


【所有資格】
物質工学修士
コスメコンシェルジュインストラクター
化粧品成分検定上級スペシャリスト
ダイエットプロフェッショナルアドバイザー
入浴指導士
デントフェイシャルケアセラピスト


【活動内容】
美容セミナー講師
MAQUIA(集英社)公式ブロガー
@cosme Beauty Specialist
かおり
モデル (オフィス・イヴ所属)


ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Link

Facebook キレイになるとは、じぶんを知ること
Twitter @ringringkaoring
Instagram @ringringkaoring
MAQUIA ONLINE ブログ かおりん
@cosme Beauty Specialist かおり

Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村

analyticstracking.php